手すりがあれば暮らしが守られる『取り付けは業者に依頼』

手すりの取り付け業者に予約をお願いする手段

手すりを付ける場所

いざ自宅に手すりを設置しようとしても、どこに付けたら家族が安全に暮らせるのかと思い悩んでいる方がいるのなら下記を参考にすると良いでしょう。

手すりを取り付けるべき箇所3選

階段

自宅に階段があるのなら段数に限らず手すりを取り付けておくと良いでしょう。そうすることによって、子供からお年寄でも安心して階段を行き来することができるのです。

トイレ

和式トイレもそうですが、洋式トイレであっても足腰の弱い方あるいは車いすの方は立ち上がるのが大変です。ですので、トイレルームにも取り入れておくと良いでしょう。

お風呂場

浴室は滑りやすくなっているので、それで転んで怪我をしたり、命を落としたりしてしまう方が実際にいます。このような事故を起こさないためにも最低2~3個は手すりを付けておくべきです。

手すりがあれば暮らしが守られる『取り付けは業者に依頼』

家族

電話かメールで対応

横浜のリフォーム業者では手すりの取り付け作業を行なっているところがあります。その業者に依頼するためには電話やメールをする必要があります。日中は仕事で忙しいという場合でも大丈夫です。24時間相談をすることができるので、手の空いている時に電話をかけたり、メールを送信したりすると良いでしょう。

室内

費用

手すりの費用は長さや質によりますが、10000円前後で設置をすることができます。トイレとお風呂、階段に設置するとしても大きく見積もると30000円前後となるので、購入しやすい金額と言えるでしょう。

調べておくことが大切

一口に手すりと言ってもさまざなものがあるので、質や性能、値段などを調べておくと良いでしょう。そうすれば、業者の口車に乗せられることなく優良な商品を買うことができますよ。

広告募集中